自宅でシルクスクリーン印刷(印刷編)

STEP1
Tシャツを印刷しやすくするため、簡易的に台を作る。
たまたま、ベニヤがあまってたので、それを流用。
剛性が低くて、やりづらい。。。

版とTシャツ適度にくっついていたほうが印刷しやすいので、
ゴムのりを板に塗ってみた。
結果、しっぱい。粘着力よわくて約に立たなかった。
学生時代、スプレーのり使ってた記憶がかすかにあるけど、
そんなものないので、両面テープで代用。

STEP2
枠の中、マスキングします。
しなくてもいいけど、やらないとインクが紗と枠の隙間にめりこんで、
後片付けがめんどくさくなる。

STEP3
版と印刷面、適度に距離があったほうがいいので、
10円玉をスペーサーにします。
お金持ちは、500円でもいい気がします。

ここ数年、気に入ってる無地T。
結構肉厚で、乳首すける心配なし。
すくなくとも僕の乳首では問題ない。他の人の乳首はしらん。
洗濯でけっこう縮む気はするけど、気にしない。

STEP4
雰囲気で位置決め。

版の位置を、なんとなくマスキングテープ使って、印つける。

STEP5
あとは、ひたすら印刷。
ためしに、タイベックスに印刷。
予想以上に、きれいにインクが乗った。

ノートにも。

本棚にも。
この後、盛大にインクこぼす。
シルクスクリーン、垂直な物には重力のかね合いで、印刷難しい。

レジ袋にも。インクの乗りくそわるい。水性インクなので当然。

版がインクでつまらないように、終わったらすぐに水洗い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA