骨折 episode1

左の橈骨(とうこつ:親指側の骨)と尺骨(しゃっこつ:小指側の骨)をへし折るという実績を解除した。シンプルにいうと、左手首を骨折した。せっかく骨折したので、骨がくっついていく様を記録していこうと思います。

まず、痛みはどんな感じかというと、鈍くいたい。ずーーーーと、鈍痛。四六時中、寝てるときも鈍痛。ロキソニン飲まないとやってらんない。ロキソニン有能すぎて、ロキソニンTシャツあったら、買ってるレベル。ロキソニン大好き。ありがとう。

そして、嫁は鈍痛に苦しむ私を見て、ずっとニヤニヤしてる。理由は何となく理解できている。

上の絵は、20年ぶりのギプスと椎名林檎のギブス。ギプスとギブス?

病院にて、ずれ曲がった骨を定位置にもどすため体を押さえつけられ、容赦なく左腕を引っ張られる。変な声が出る。痛い。むかつく。 痛い。 でも、自分がわるい。そもそも自分で折ったんだし。。。

施術されながら、きっと拷問もこういう感じなんだろうな~~~って世界中の拷問に想いをはせているうちに、腕をがちがちに固めてもらった。

これから1~2か月はこのギプススタイルでの生活になると思うので、豊かなギプスライフが送れるよういろいろ工夫していこうと思う。まずはオリジナルの三角巾作ろうと思う。

はたして、片手でミシン操作できるのやら。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA