シン・エヴァンゲリオンの感想

おっさんの歪な愛が引き起こす、スケール最大級のネグレクトの物語。

紫色とネオンカラーの配色のオシャレなロボット(みたいなもの)登場させつつ、おっさんの淡々とした狂気を描く、唯一無二な物語ですごく興奮しました。

この物語の大半が虐待シーンなので、最後ハッピーエンドなのは観てて爽快でした。宇多田さん歌声とバチッとハマってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA